秩序を守らなければ厳しい罰を受ける

Posted By on 2014年7月24日

イスラム教は礼拝というものを常に行っている宗教で、基本的にメッカの方向を向いて礼拝を行います。メッカの方向というのは分かりづらいかもしれませんが、あらゆる物を利用して場所を把握して行っているのです。これを繰り返さなければ秩序に違反したとされ、厳しい罰を受けることもあります。またイスラム教というのは厳しい規制が設けられており、それに違反した場合も秩序を乱したと判断され罰を受けます。
こうした厳しい環境が時に過激派というものを生んでしまうのだと思います。イスラム教を信仰している中には過激派が存在し、秩序を守るためには何でもいいと勝手に解釈して戦闘を行っているのです。元々イスラム教というのは秩序を乱すものは排除するという考えが存在するため、こうした過激派が殺人などの行為に及んでしまうこともしばしばあります。しかしこうした団体というのは僅かな物であり、多くの信者は平和な生活をするための1つとしてイスラム教を信仰しています。

近年はイスラム教の中でも対立というものが起こっており、秩序を守るとかそんな状態には無いように思います。全く関係のない信者まで巻き込んでテロを起こしたりするケースも増え、同じ宗教なのに対立が起こっている現状が見て取れます。これも解釈の違いによって生み出されている物と思います。イスラム教というのは同じ宗教でも解釈の違う組織がいるということで、それぞれが秩序を守るために色々なことをしているのです。
礼拝というものが義務付けられているだけでなく、秩序を守るために立ち上がることもイスラム教の教えとなっています。しかしこれが誤った方向に行っているのは事実で、これからもイスラム教過激派が紛争を起こす状況は続くものと思われます。ただこうした信者も礼拝だけは欠かさず行っているのです。